にんにく卵黄の歴史

にんにくを卵黄にプラスする。
今ではすっかりサプリメントの代名詞になっていますが、
このアイディアはどこからきたのでしょうか。
そもそもにんにくそのものは、古来から世界規模で滋養強壮や疲労回復に
愛されてきました。紀元前3000年ごろからすでに人間はにんにくを摂取していたようです。
しかし、にんにくには一つ欠点があります。
体にたいへん良いのは分かっていたのですが、その分、匂いが強烈なんですね。
そこで、にんにくの匂いを消すのに、食べた後、牛乳を飲むなどしていましたが、
日本の薩摩地方では、更にそれを進化させ、卵黄とにんにく練り合わせて炒める事で匂いを消す
料理を作りだしたんです。
にんにくも、卵黄も共に栄養があり、滋養に良く、更に匂いもしなくなる。
まさに一石二丁の料理というわけです。
これを毎日、手軽に摂取できるようにしたのがサプリメントの「にんにく卵黄」になります。
にんにく+卵黄で、新たに脂質アシリンという成分が生まれ、これが
アンチエイジングには欠かせない成分として注目を浴びています。


このページの先頭へ